カードローンの審査

カードローンの審査について

お金に困った時はカードローン。

 

 

カードローンは数あるローンの中では比較的、審査が甘い部類だと思います。

 

 

カードローンはアルバイトやパート、パート主婦、派遣社員、契約社員、自営業者など非正規雇用者や自由業の人でもお金が借りれます。

 

住宅ローンやマイカーローンよりもずっと借りやすいローンであります。

 

 

また担保、保証人でも借りれるのがカードローンであります。

 

 

ではカードローンの審査は一体何を基準に見るのでしょうか?

 

それは

 

 

1)職業と年収の安定性

 

 

2)過去のローンやクレジットカードの利用実績(クレヒスといいます)

 

 

3)他社のローンの借り入れ状況

 

 

4)その他、住居や居住年数、勤続年数、家族構成など

 

 

だいたい1〜4を総合して審査を通すか、通さないかを判断して決まります。

 

 

カードローンの審査が通らない人は大抵は1〜4に問題がある人だと思って下さい。

 

 

1の職業と年収安定性では、とにかく安定した収入と安定した職業であればあるほどカードローンの審査が通りやすくなります。

 

最近ではアルバイトやパート、派遣社員でもOKのカードローンが増えたとはいえ、やはり正社員などの正規雇用者の方が審査には有利です。

 

 

2番の過去の利用履歴もカードローンの審査にかなり影響します。

 

過去に自己破産や債務整理などをやらかしてしまったブラックリスト者などは当然ですがカードローンの審査は通り難くなります。

 

 

3番の他社カードローンの借入状況も大事です。

 

借入件数が多ければ多いほどカードローンの審査が不利になります。

 

 

一般的には他社借入4件以上になると多重債務判定になって審査が厳しくなります。

 

 

4番の居住年数や勤続年数も審査に影響を及ぼします。

 

居住年数は長ければ長いほど有利ですし、持ち家も有利。

 

 

勤続年数も長ければ長いほど有利です。

 

 

1人暮らしよりも家族と同居の方がカードローンの審査に有利です。

 

 

以上のことからカードローンの審査も色々な要素が絡み合って審査結果が決まります。